MAS監査業務の中に「リスク分析」というのがあります。
企業経営を円滑に運営するためには、
経営活動を阻害する恐れのある「企業リスク」を把握し、
コントロールしていく必要があります。
「リスク分析」では、リスクを4つに分類し、
経営課題の抽出と具体的な改善点の掘り下げを行います。
①財務リスク
(経営者向けの最重要事項を8項目に限定して分析)
②信用リスク
(金融機関から見た「定量分析」と「定性分析」による企業格付)
③経営経常リスク
(売上の一極集中、借入金の担保余力等を評価)
④純粋リスク
(保険等にてヘッジすべき経営リスクの必要保障額の計算と
付保状況の登録によりヘッジ不足を計算)
リスク分析はMAS監査業務の重要業務の一つとなっております。