加算税は税金の支払いの遅れや計算に誤りがあったことにより、一度納めた税金が足りなかった(過少であった)場合に、追加で払わなければならない税金です。

 

また、一口に加算税といっても大きく分けて4種類あり、その支払いが遅れた理由などにより加算税の税率が異なります。

 

それぞれの加算税の課税要件によって加算税率が定められており、軽減される要件を満たす場合には、軽減後の加算税率が適用されます。

名称 課税要件 加算税率 ※軽減される要件と割合
要件 軽減後の加算税率
過少申告加算税 期限内申告について、修正申告・更生があった場合 10 ・正当な理由がある場合・更正を予知しない修正申告の場合(注2 0
15(期限内申告税額と50万円のいずれか多い金額を超える部分) 0

無申告加算税

    期限後申告・決定があった場合    期限後申告・決定について、修正申告・更正があった場合 15%(注1 ・正当な理由がある場合・法定申告期限から1月以内にされた一定の期限後申告の場合 0
20%(注1)(50万円超の部分) ・更正を予知しない修正申告の場合(注2 5

不納付加算税

源泉徴収税額について、法定期限後に納付・納税の告知があった場合 10 ・正当な理由がある場合・法定申告期限から1月以内にされた一定の期限後申告の場合  0
・納税の告知を予知しない法定納期限後の納付の場合 5
重加算税 仮装・隠ぺいがあった場合 35%(注1)(過少申告加算税・不納付加算税に代えて) なし  
40%(注1)(無申告加算税に代えて) なし  

 

【改正点】

上記に加えて、以下の改正が平成2911日以後に法定申告期限が到来する国税より適用されます。

 

(注1)過去5年以内に、無申告加算税(更正・決定予知によるものに限る。)又は重加算税を課されたことがあるときは、従来の税率に、さらに10%加算されることとなりました。

無申告   無申告加算税(50万円以下の部分)    15%⇒25

      無申告加算税(50万円超の部分)     20%⇒30

仮装・隠蔽 重加算税  (過少・不納付)       35%⇒45

      重加算税  (無申告)          40%⇒50

 

(注2)調査の通知があってから、自発的に修正申告を行った場合の過少申告加算税、無申告加算税の税率が変更となりました。

過少申告加算税(50万円以下又は期限内申告の部分)  0%⇒5

過少申告加算税(50万円超の部分)          0%⇒10

無申告加算税(50万円以下の部分)          5%⇒10

無申告加算税(50万円超の部分)           5%⇒15

 

(注1)、(注2)いずれも加算税の負担が大きくなる(重課)の改正となりました。

今まで以上に、決算にあたって適正な計算を行う必要が大きくなったと言えそうです。