早いもので今年もあと残り2ヶ月程になりました。そろそ年末に向けての準備が始まることと思います。税務的な手続きとしても保険料控除証明書が届いたり、年末調整に必要な書類が届き始めているのではないでしょうか。平成29年度税制改正により平成30年度から配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が改正されました。配偶者控除及び配偶者特別控除が適用される条件がより細分化されて複雑になりましたので申告の際には注意が必要です。

 

配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正(平成30年より変更)

 配偶者控除の控除額が改正されたほか、給与所得者の合計所得金額が1,000 万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないこととされました(改正前:給与所得者の合計所得金額の制限無)。

 配偶者特別控除の控除額が改正されたほか、対象となる配偶者の合計所得金額が38 万円超123 万円以下とされました(改正前:38 万円超76 万円未満)。

 

  (参考)
配偶者の収入が給与所得だけの場合の収入金額
夫の所得金額が
900万円以下
(給与収入1120万円以下)
夫の所得金額が
900万円超
950万円以下
(給与収入1,120万円超
1,170万円以下)
夫の所得金額が950万円超
1000万円以下
(給与収入1,170万円超
1,220万円以下)
配偶者控除 配偶者の合計所得金額38万円以下 1,030,000円
以下
38万円 26万円 13万円
老人控除対象配偶者 48万円 32万円 16万円
配偶者特別控除 配偶者の合計所得金額
38万円超 85万円以下
1,030,000円超
1,500,000円以下
38万円 26万円 13万円
85万円超 90万円以下 1,500,000円超
1,550,000円以下
36万円 24万円 12万円
90万円超 95万円以下 1,550,000円超
1,600,000円以下
31万円 21万円 11万円
95万円超 100万円以下 1,600,000円超
1,667,999円以下
26万円 18万円 9万円
100万円超  105万円以下 1,667,999円超
1,751,999円以下
21万円 14万円 7万円
105万円超  110万円以下 1,751,999円超
1,831,999円以下
16万円 11万円 6万円
110万円超  115万円以下 1,831,999円超
1,903,999円以下
11万円 8万円 4万円
115万円超  120万円以下 1,903,999円超
1,971,999円以下
6万円 4万円 2万円
120万円超  123万円以下 1,971,999円超
2,015,999円以下
3万円 2万円 1万円
123万円超  2,015,999円超 0円 0円 0円

 例えば下記の例1のように、年間所得金額が900万円の夫Aと年間所得金額が150万円の妻Bの2人家族の場合は、平成30年からは夫Aの年末調整の際に38万円の配偶者特別控除が適用されます。

 一方、下記の例2のように夫Aの年間所得が950万円であり、妻Bの年間所得が150万円の2人家族の場合は、平成30年からは夫Aは26万円の配偶者特別控除が適用されます。

 

例1 夫A 年間所得金額 900万円

   妻B 年間所得金額 150万円

   ⇒  配偶者特別控除は38万円

 

例2 夫A 年間所得金額 950万円

   妻B 年間所得金額 150万円

   ⇒  配偶者特別控除は26万円

 

 このように平成30年からは夫の所得により適用される配偶者控除・配偶者特別控除の金額が変わるようになります。

 平成30年度から配偶者特別控除を適用できる方が増えることが予想されますので、年末調整の際には年間所得をしっかり把握をして正しい申告をすることを心がけましょう。