ゆるねこです。
8月8日は「世界猫の日」!

動物愛護団体の国際動物福祉基金が決めたWorld Cat Dayです。
ちなみに日本における猫の日は「2月22日」です。

今回はイギリスの「公務員猫」をご紹介。
ネズミの捕獲担当として「ネズミ捕獲長」という役職が与えられています。

(1)首相官邸のラリー

larry

(2)外務省のパーマストン

pa-ma4

(3)財務省のグラッドストン

gura2

(4)内閣府のエヴィー&オージー(親子)

oyako

イギリスでは昔から、ネズミ退治の為に官邸で猫を飼っていたそうで
「ネズミ捕獲長」という正式な役職が設けられたのは1924年だそうです。

ラリーとパーマストンは不仲で、公務を行う場所が隣接することもあって
何度かケンカする姿が報道されました。
が、先日パーマストンは引退を発表。パーマストンはツイッターの
フォロワーが10万人以上という人気者でした。

彼らはいずれも動物保護団体の紹介で着任。
彼らはSNSでも人気者で、イギリスの広報活動の一翼を担っています。

ラリーは、トランプ米国大統領の車を停めてしまったことも(^O^)/

larry2

イギリスって洒落た国ですね!