こんにちは、テテです。すっかりご無沙汰しておりました。

外出自粛要請も徐々に解除され、かつての日常には簡単には戻れそうにないものの、
窮屈な生活からは少し解放されそうですね。
子どもたちのあり余る体力を消耗させるべく、うちでも例にもれず、
トランポリンを購入しました!
が、ずぼらな私、購入して満足してしまい、まだ箱からだして、
組み立てまであと一歩のところで部屋の片隅でオブジェ化しております。。。

さて、世の中、なかなか明るいニュースがありませんが、
我が家では、子供たちとボードゲームをしたり、室内遊びを充実させて過ごしています。
下の子がまだ年中で、また難しいルールを覚えるのが苦手なので、
小学生の兄と遊べるとなるとずいぶんゲームも制限されるのですが。
そんな中でも、上の子と私が二人ではまっているものをご紹介したいと思います。
それは、ポケモンカードです。

小学生になると、必ず通ると先輩方に伺っていたポケモン、
上の子は保育園時代には戦隊物には一切興味を示さなかったので、
何もなく通過できるかな、と思っていたのですが、学童にもあるんです。

もちろん、はまってしまいました。

一つ一つのパックは手が届かないほど高額ではないものの、
数を集めていくとなると、どんどん増えていくため、悩んでいたのですが、
普段、傍若無人な弟に何をされても8割は我慢して、
自粛生活も未習の分野の課題をこなしながら
なんとか過ごしてくれており、
ちょっとくらい、とついつい甘やかし、これができたら開けようね、と購入し
相手がいなければつまらないだろう、と私も必死にルールを覚えて親子バトル。

やってみると、なかなか奥が深く、子どもたちに人気があるのもうなずけます。
私も、子ども相手に負けたくないと、最新のスターターパックを購入し
(強いカードが入っているんです)いざ勝負!

が、あっさり負けました。。。

まず、手持ちのカードを全て覚えておかないと、先まで読めない。
が、まったく頭に入ってこない。唯一覚えているのは最強のカードだけ、
という状態で勝てるものではありませんでした。
(弟と同じ年のおいっこもハマリ、おいっこと上の子で勝負するのですが、
おいっこはなかなか強い組み合わせのカードを使っているのですが、
ほとんど基本のスターターキットでそこまで強そうではないのに
真剣勝負して、勝てるところをみると、やはり戦略は大事なようです)

昭和な人間なので、テレビゲームには少し抵抗がありますが、
全てのカードを把握できる記憶力、相手のカードを予測する想像力、
今ではなく、一手、二手と先を見据える先見力が養われると思えば、
なかなかいいゲームだと思っています。

いつか、勝てるように、子どもと楽しみたいと思います!

みなさまも、何か新しい楽しみ、みつけられていますか?
時節柄、楽しみをみつけながら、くれぐれもご自愛ください。