今年も鹿児島に行ってきました。
ほぼ毎年お墓参りに鹿児島には行っています。
今回はミロクの全国統一研修大会が鹿児島であったので、それに合わせてお墓参りも行きました。研修では、メイン講義の後の第3分科会でNHK「翔が如く」や「篤姫」の時代考証担当でもある原口泉鹿児島大学教授の講義もあり楽しみにしていました。
私も原口先生の著書「龍馬を超えた男 小松帯刀」を「篤姫」が放映されていた時に読みました。
しかし原口先生のトークはすごかった・・・。とても学者さんとは思えないトーク。まるで芸人さんみたいに早口でしゃべりまくっていらっしゃいました。
来年も「竜馬伝」とか言うタイトルでNHKで大河ドラマやるらしいです。イヤー、でも先生の話、講演はとっても参考になりました。人を惹きつけて止まない話し方、内容、アドリブ・・・うーん、ホント勉強になりました。
それと、もっと歴史を勉強しないといかんなぁ、と。
原口先生とは講演後に控え室でお話をさせてもらい、持って行った本にもサインと連絡先を貰いました。
でも鹿児島へいって桜島を眺めていると不思議とまた帰ってきたなぁと、ホッとするんですよね。桜島って今でもモクモクと煙りを上げているんですよ。お墓の周りにはうっすらと灰が積もっているんです。
田舎のふるさとっていうのはいいもんです。
そして先祖に色々と報告したり、お墓の掃除をすると自分の気持ちも洗われる様な気がします。
初心に帰る意味でも年1回は行きたいなぁ。と思うNIGOでした。