「ポー!」どうもキジムナーです。
 なぜ「ポー!」なのかといいますとマイケル・ジャクソンの”THIS IS IT”を観たからなんです。
 ”THIS IS IT”とは今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート”THIS IS IT”のリハーサルと舞台裏の貴重な映像をまとめた映画です。
 すごいの一言ですね。リハーサルでこの完成度。「~真剣に歌わせないでくれよー。」とマイケルがおどけるシーンがありますが、100%で歌ったらどんなにすごいの、あんた。
 まあKING OF POPですからある意味すごいのは当たり前ですが、周りのスタッフ、サポートメンバーやダンサーに至るまでこれまた超一流。何が一流かといいますと一言でいえば「プロ」であること。特にマイケルも含め決して相手を否定せずに、自分の主張を伝えることによって、コンサートの完成度を高めていくうまさを感じました。
 これらは全員のゴールがはっきりしているからこそ。「最高のコンサートにするのだ!」という1点を目指しているのがスクリーンから伝わってきました。
 マイケル・ジャクソンにはいろいろとゴシップがありましたが、こと音楽に関しては決して彼の偉業は否定できないでしょう。
 ムーンウォークを忘年会に向け練習せねば。。。