国民年金保険料の納付には、保険料を一括して支払う「前納」(6ヶ月前納、1年前納)という制度
があります。
平成264月から、2年分の国民年金保険料を前納することができるようになりました。
これにより、毎月納付する場合と比べて、2年間で14,000円程度の割引になることもあり、この制度
を活用する人もいるかと思います。

 そもそも国民年金保険料は、所得税の計算において全額が社会保険料控除の対象となり、所得から
控除されます。では、
2年前納した場合は、年末調整または確定申告でどのような調整を行えばいい
のでしょうか。
この取扱いについては、日本年金機構から下記の2つの方法から選択できると発表されました。

 1)全額を納めた年に控除
日本年金機構から送付される「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」の「納付済保険料の証明額」
欄に記載されている額が控除額となります。

 2)各年分の保険料に相当する額を各年に控除
控除証明書は、2年前納分を含め、平成26年に納めた保険料全額を証明額として記載があります。
そのため、本人が、別途「社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書」に各年分の控除額等を
記入・作成し、控除証明書とともに提出します。